クレジットカード現金化業者には店舗型とインターネット型と大まかに2種類あります。店舗型は実店舗を構えて営業、インターネット型はネット上に店舗を構えて営業していると言う違いがあります。このうち顔の見えないインターネット型の現金化業者は初めて利用する場合、抵抗を感じる事がありました。もし振込されなければカード会社への支払だけが残りかねないです。そんな時でも店舗型の現金化業者なら振込されるかどうか心配せずに済みます。

店舗型の現金化業者の殆どで駅近くに店舗があります。まずは最寄駅周辺に店舗型の現金化業者があるかどうか調べます。ホームページを持っている現金化業者もあり、検索すればすぐに分かります。クレジットカードと運転免許証など本人確認書類を持って現金化業者の店舗にお出かけしお申し込みします。その場でクレジットカードで商品を購入、その場で買取すると言う形で現金化している事が多いです。

現金化できる金額は商品代金に対して換金率分となります。この点はインターネット型でも店舗型でも同じではありますが、現金化業者により換金率は異なりますので事前に聞いておいて下さい。10万円ほどの現金化なら換金率は85%ほどが目安です。10万円で換金率85%なら8万5千円の現金化ができるわけです。換金率88%なら8万8千円と3千円高くなるので、少しでも換金率の高い現金化業者を選びたいところです。

ただし一部には悪質な店舗型の現金化業者が見られますので注意が必要です。換金率を誤魔化そうとしたり、キャンセルできないと断っても強引に現金化しようとしたり、キャンセルすると高額な違約金を請求してくる事があります。店舗の中だけに請求されても怖くて断れないと言う事が多いです。

インターネットで口コミをチェックしようとしても店舗型の現金化業者は情報量が少なく分からない事がありますが、その場所で長く営業している店舗型の現金化業者は信頼性が高い事が多いです。さらに古物商の許可をきちんと取得しているかどうか調べてから来店して下さい。

クレジット現金化優良店.com