Loading...

スワッピングのパートナーも見つかるんですよね

これは私自身、信じられないことだなと思いながら、それでも出会い系サイトの恩恵にあずかっています。できることがあると分かればどんどん試してみたくなるのが人間の性ですよね。ただでさえ、スワッピングのパートナーなんて普通に生活している限りでは出会えないじゃないですか、そもそもそういう特殊な出会いを求めている男女がかなり少数派なんですけど。

例えば出会い系サイトや出会アプリを利用して実現できるといわれる出会いの中では、援助交際という男女関係もかなり特殊ですよね、もちろん男女の不倫だってそうなんですけど、こういう特殊な男女関係というのは、サイトやアプリを利用して見ないとなかなか実現するのは難しいといわれます。

普通に出会いを求めている限りでは実現するのが難しい組み合わせこそ、まさに出会い系サイトの出番だというわけです。もちろんスワッピングも例外ではありません。ひょっとすると、スワッピングという言葉の意味がわからないという人もいるかもしれないので念のために説明すると、スワッピングとは、すでに結婚している知り合い同士が、合意の下で、お互いのパートナーを入れ替えて生活してみようというやり方のことです。

スワッピングという行為は、かなり特殊なので、もちろんすべての人から同じように理解を得られるようなものではありません。いくら知りあいとはいえ、お互いのパートナーを入れ替えてセックスするわけです。いわば公認の浮気ですよね。

例えばお隣同士に住んでいる夫婦が、気分転換のためとか言って、今日は旦那さんを貸してくれないとか言って、人妻のほうが誘惑してよその旦那とセックスしたりするわけですよ。普通ならそれはすごく気分が悪いことであるはずなのですが、もともとスワッピングというものを希望している夫婦というのは性に関する考え方がかなり特殊であることは間違いないので、自分の妻がお隣さんの旦那に犯されているという現場を想像すると、それだけでものすごく興奮するのです。

又こんな話をするとさらに信じられないという人の数が増えそうですが、スワッピングというものを希望する男女の仲には、あらかじめ、そういう合意をした男女間で、自分の妻が(あるいは夫が)よその旦那や妻に犯されている現場を見るとさらに興奮するという人がいるのです。

例えばアダルト動画を見ていても、借金が原因か何かでやくざに拘束された旦那が、縛られている目の前で自分の妻がレイプされているのを見せつけられるというテーマがありますよね。そういうジャンルの動画を見てものすごく興奮する人というのはいますが、スワッピングというものを希望する男女の心境って、間違いなくそれに近いものはあると思います。

出会い系サイトを利用してしりあったせふれに、ひどいことをされました

具体的に言うと、私が出会い系サイトを利用して知り合った男性にはちょっとSの気があって(ちょっとではないかもしれませんが)乱暴なプレイが好きらしいんですよ。乱暴なプレイというのはつまり、パートナーを鞭で打つとか、そういうのですね。跡が残らないようにするとか、やり方にいろいろな工夫があるみたいなんですけど、鞭で打たれて体に跡が残るとか残らないとかそういうことはあまり関係なく、そもそも私はそういうプレイがあまり好きではないので、やめてくれっていつもいうんですけど、パートナーはやめてくれません。

特にお酒が入った時は、そういうプレイをやりたがる傾向が強くなります。もし、相手の男性にそういう特殊な趣味があるということを知っていたら、私はもちろん彼との関係をスタートしたりしませんでした。でも、なんとなく別れを切り出しにくいんです。

まず一度、二人でじっくり話し合ったとき、別れようかという私の提案は拒否されました。わたしはせふれとして、彼に思った以上に必要とされているようなのです。私としては複雑な気持ちです。顔とかも含めて、もともと私は彼のことを好きになったからこそ、彼とお付き合いしても良いと思うようになったのです。そうでなければ、出会い系サイトを利用して知り合っただけの相手と、セックスするような関係になるわけがありません。

出会ったばかりの頃は、私だって十分に納得していたのです。すでに言いましたが、相手の男性が特殊な性癖を持っていることについて、私はこれっぽっちも知らなかったのです。彼にSの気があるということを知った時、彼と付き合い始めたことについて、私はちょっとだけ後悔しました。でも、だからといって簡単に別れさせてもらえるような相手ではなかったのです。

こういう相手と付き合うことになったら、知らずに付き合い始めてしまったことを後悔するという人が大半だと思います。SMなど特殊な趣味は、理解できる人とできない人がいます。世の中には、ひどいことをされた時に本当に喜ぶような人がいるんですよね。残念ながら、私にはそういう人の心境はあまり理解できないんですけど。

例えば、体にムチの跡が残ったらそれで喜ぶとかいう人もいるみたいですよ。まったく私には理解できないレベルの話ですね。私は、だいたい週に一回くらい、彼に会って体を鞭でぶたれるんです。全裸にされて、体のあちこちを。私が涙目になっているのを見て、彼はすごく興奮するみたいです。

読んでおきたい関連記事一覧→せふれから本命になる方法

援助交際じゃなくてガチでお付き合いしたいなと思える男性もたまにいます

私が一緒にいて楽しいなと思えるような男性とは、やっぱり援助交際でも何でもしてもいいかなって思いますね。援助交際というお付き合いはかなり特殊で、言ってみれば、お付き合いする代わりに男性から女性がお金を受け取るので、お金をもらった以上は相手のいうことを何でも聞かなけれなならないというか、さすがにいうことを何でも聞くというのは大げさでも、できる限りのサービスをして見せるのが援助交際をするうえでの常識だというイメージがあります。

しかしながら、いくらお金をもらえるという前提があったとしても、こういう男性とは援助交際したくないなっていうような男も世の中に入るわけです。身もふたもない言い方ですが、いくらお金をもらってもお付き合いしたくないと思ってしまうようなタイプですよね。

逆に、こういう男性だったら積極的に援助交際という関係でも持ちたいと思えるような男性もいます。本音を言えば、出会い系サイトを利用していい男と知り合ったら、その人とは援助交際という条件は関係なく、もっと対等なお付き合いをしたいと思うこともあります。

基本的に、女はケチな生き物なので、もらえるものなら何でももらっておくという考え方をします。つまり、援助交際という前提で誰か男性とお付き合いをしたとき、相手の男性がお金をくれるというのであれば、相手の男性が差し出してくれているお金をわざわざ突き返すようなことはしません。ただ、心の中では「この人が相手だったら、別にお金をもらわなくてもお付き合いしてもいい」と思えることだってあるわけです。

出会い系サイトを利用していて、そこまで素敵な男性と知り合えるケースはまれですが、援助交際という前提だったら、相手の男性はすでに結婚していたりするんですよね。本気で相手の男性を狙っている女の立場からすれば、相手の男性が実は既婚者だということがわかった時、結構がっかりするものなのですが、もともと援助交際という前提で二人が関係を持っているなら、何らかの理由があって普通のかたちの男女交際ができないのだなということについては想像力を働かせるべきだと思いますし、自分が望むようなお付き合いができないということがわかった時点で、まさか相手のことを責めるというのは論外です。

男女の関係というのは本当に複雑なので、まれにそんな感じのトラブルになることがあるようなのですが。

援助交際で求められるのは、セックスのテクニックだけではない

援助交際とは、出会い系サイトを利用して知り合った男性からお金を受け取り、その代償としてセックスなどの性的なサービスを行うものだというイメージを持っている人が多いと思います。
確かにその通りなのですが、援助交際とは必ずしも、体の関係だけで相手を満足させるような男女関係ではありません。
もちろん、知り合ったパートナーによってもどのような行為が求められるかというのは様々です。
単純にセックスの相性やテクニックだけを求められるお付き合いというのも確かにあります。
何しろセフレというくらいですから、自分の持つセックスのテクニックや二人の体の関係というものが、ご工夫の男女関係と比較した際によりいっそう重要になってくるというのは何となくわかってもらえるでしょう。

私は正直なところ、自分のセックスのテクニックにあまり自信がありませんでした。
必ずしも自分のことだけで判断できない部分はありますが、実際に過去に一人、欲求不満を解消するためのに出会い系サイトを利用していた人妻を相手にセックスしたことがあります。
その時に人妻から、あまりセックスがうまくないという指摘を受けてしまいました。
もちろんその人妻は、わたしを非難する目的でそんなことを言ったのではないということくらいわかっていますし、言い方もそんな深刻なものではなかったのですが、正直なところ、ショックでした。

その人妻は何となく私と付き合ってくれていますが、彼女のように普通に付き合ってくれる女性ばかりとは限りません。
セックスが下手であるということが事実なら、本当にそのことが原因で素敵な出会いのチャンスを逃してしまうということもあり得ます。
でも、現在だって私とお付き合いしてくれている女性はいるわけですよね。
セフレとしてのお付き合いするんだったら当然のことながらセックスのテクニックというものは求められると思います。
でも、本当にそれだけがセフレに求められる要素なのだとしたら、私は今頃、だれとの関係もモテずに一人きりになっていると思うのです。

セックスのテクニックが十分ではない私が出会い系サイトを利用して、セフレを募集してそれが今のところはうまくいっている、そしてその人とはセックスもすでに経験しているけれども、行為の前や後に何か誤りを指摘されたという経験はなく、実際に一度だけセックスをしてそれで二人の関係が終わるという、そんなむなしい経験もしたことがありません。
相手のほうから別れを切り出されるならともかく、出会い系サイトを利用して知り合ってからずっと二人の関係がうまくいっていますので、やっぱり私はセックスのうまさを男として認められてセフレとのお付き合いができているというのではなくて、それ以外に男として求められている長所があるということなのだと思います。

いろいろ考えてみました、セックスがとりわけうまいわけでもない私がセフレとして求められている理由が必ずあるものだと、そしてその理由がもしもはっきりわかったら、私が持っているらしきその長所を伸ばしていけるようにすれば、私が今後誰とお付き合いをすることになったとしてもうまくいくチャンスは増えるのではないかというふうに考えています。

例えば、便宜的にどうしても「セフレ」という言葉が使われるだけであって、出会い系サイトを利用して知り合った男女が常にセックスのことを考えているわけではありません。
例えば、話し相手がほしいとか、だれにも相談できない悩みをぶちまけるために付き合う相手がほしいとか、簡単に言えば、出会い系サイトを利用している人の中にはセックスのテクニックが優れているセフレとの出会いではなく、もっとセックスとは別の方法で自分の気持ちをわかってくれる男性との出会いを求めることがあるのです。

セックスをするかしないかということだけが、男女の関係において必ずしも大事ではないのだなということがわかりました。

高確率で援助交際成立なら【エンジョイ援助交際.com

なぜ今まで利用しなかったのか

出会いアプリというものの存在は、もちろん知っていました。今の時代は、出会いアプリというものの知名度がどんどん上がって、それをひたすら使いまくっているかどうかということは別にして、とりあえず一度くらいは登録して利用してみたことがあるという人は意外にも多いのではないでしょうか。

出会いアプリを利用している人のうち、年齢別でみれば、実は二十代の男女が一番多いのだそうです。
二十代の中でも、特に多いのは大学生で、私にとってはさらに意外に思えることだったのですが、サイトによっては、男性よりも女性の会員のほうが多いという場合があるそうです。

なんとなくイメージとして、特に若い女性は、出会いアプリのことを「怖い」とか「気持ち悪い」というふうに避けるというふうに考えていたのですが、出会いアプリに対してそういうふうなマイナスのイメージを持つ人は、今では少しずつ減ってきているのかもしれませんね。

みんなが同じように出会いアプリを利用して、実際に素敵な出会いを実現している人がたくさんいるから、じゃあ私だって出会いアプリを利用しても大丈夫だろう、というふうな考えがあるのかもしれません。
自分一人だけがサイトを使ってみるのは怖いけど、他にも利用している人がたくさんいるんだったら安心だという考え方は、たぶん誰だって持っている考え方ですよね。

それに、今では優良な出会いアプリに関する情報を探すことも難しくはありません。
優良な出会いアプリというキーワードをネットで検索するだけで、たいていは本当に優良なサイトが出てくるものですし、特に女性の場合、自分たちが普段からチェックしているファッション雑誌などに広告を出している出会いアプリをチェックすれば、ちゃんとした優良な出会いアプリを見つけて登録できるようになっているんです。

女性向けのファッション雑誌やレディースコミックなどに広告を出している優良な出会いアプリは確かに多いのですが、それがどうしてなのかといえば、優良な出会いアプリを運営したいと考えている会社の人は、どうすれば出会いアプリが「優良」なものだといわれるのかということを常に考えているのです。

中高年向けの出会いアプリ・出会い掲示板【中高年出会いのきっかけ.com】といった優良アプリを利用して素敵な出会いを実現させたいと考えているほとんどすべての人にとっては、まず出会いアプリには自分とは違う性別の「異性」がたくさん登録してくれなければ出会いのチャンスがつかめないというふうに考えるのは当然のことです。

出会いアプリ内で会員の男女比をできるだけ五分五分にする(女性のほうが少し多いくらいでもいい)ためには、やっぱり女性の会員に、出会いアプリに対する興味を持ってもらわなければなりません。
男性の場合、最初から出会いアプリというものに抵抗を持っている人は少ない(セフレという出会い方について抵抗を持っている人が、女性よりも少ないからでしょうか)のですが、女性の場合は少し違って、出会いアプリというものにたとえ興味を持っていても、それが安全なサイトであるというふうに保障されなければ、あるいは誰かがすでに出会いアプリを利用するなどして、このサイトは安全で楽しいサイトだといってくれなければ、出会いアプリを利用する気分にはなれないものなのです。

出会いアプリを利用してみたいけれど、本当に安全なサイトなのかがわからないから少し心配だと考えている人たちに対し、安心して出会いアプリを利用してもらうためのきっかけは、やっぱり、すでに出会いアプリを利用して素敵な出会いを実現させることができたという人たちの体験談(できれば女性の目線で考えて、女性の体験談を掲載できることがベスト)や、それを掲載している出会いアプリの広告なんです。
優良な出会いアプリの広告が、女性向けのファッション雑誌などに掲載されていることが多いという理由は、なんとなくわかってもらえたのではないでしょうか。

だから、出会いアプリを利用して素敵な出会いを実現させたいと思う男性にとっても、女性向けのファッション雑誌やコミック誌というものは非常に参考になるんですよ。

私自身、いまになって少しだけ後悔していることは、若いころに出会いアプリをぜんぜん利用してこなかったことです。
なんとなく、出会いアプリに関する悪いうわさばっかりが気になって、こういうサイトを利用してやろうという気分にはならなかったんですよね。
実際のところ、出会いアプリにはいろいろな問題点があることは事実で、どれだけたくさんの人がそのことをわかっていたとしても、出会いアプリを利用している限りはトラブルに巻き込まれるリスクを完全には避けられないということは間違いなく言えそうです。

でも、出会いアプリを利用する場合だけではなくて、男女の出会いというものを実現させようと思えば、どうしてもトラブルは避けられないものなんです。
なにしろ、赤の他人同士で考え方が完全に一致することなんてありえないですから、絶対どこかですれ違うことが出てきて、それが対人関係のトラブルにつながるんです。
そのトラブルを恐れている限り、絶対に素敵な出会いを実現させることはできません。

失敗することを怖がり過ぎないで、思い切って出会いアプリを利用しておけばよかったなと思うんです。
別に、出会いアプリを利用して誰かと知り合ったからといって、その人と絶対に付き合って結婚しなければならないという決まりがあるわけではありません。

むしろ、出会いアプリを利用していても、それ以外の方法で出会いを求めても、人間関係というものはうまくいかないのが普通なんです。
うまくいかないからといって自分を責めたり落ち込んだりする必要はないですし、むしろ人間関係でうまくいかないこととか、けっこう深刻なトラブルを経験するんだったら、年を取ってからよりも若いころのほうがいいのです。

私は、若い時に出会いに関して失敗を恐れすぎたからこそ、結局は出会いアプリを利用する勇気がなかったんです。
今ではそのことをすごく公開しています。
失敗するとしても、年を取ってから失敗するより若い時に失敗を経験しておいた方が良かったんです。
確かに出会いアプリというものはすごく便利なサイトですが、それを利用しているからといって、いきなり男女の出会いがうまくいくわけではありません。
でも、失敗することのほうが重要な経験になるので、リスクを恐れすぎずに、出会いアプリを利用するなりなんなり、いろいろな経験を積んでおけばよかったなと思っています。

いまでこそ、出会いアプリというものがどれだけ便利なサイトなのかということを身をもってわかっているつもりです。
うまくいかないことはもちろん多いですが、それは出会いアプリが不便だからうまくいかないのではなく、人間関係を築き上げるためにはトラブルがつきものなのだということを、いまになってようやく理解しました。
出会いアプリなんて便利なサイトを、どうしてもっと早く利用してみなかったのかと後悔しています。

男心だって繊細なんです、そこのところをわかってほしいです

特に女性の方で、現在出会い系サイトを利用しながらパートナーを探しているという人には、男心というものがどのようなものなのかということをよく知ってほしいです。
男心だって繊細なんです、そこのところをわかってほしいです。
男心というものがどのようなものなのか、ということを知っていると、あなたがhttp://gyakuenjoy.com/を利用して出会いを求める際、より素敵な出会いをゲットしやすくなるかもしれませんよ。
要するにモテるということです。

男性が女性にモテたいと考えるのと同じように、女性だって男性にモテたいですよね。
女性が男性にモテるために必要なのは、やはり男心を理解することだと思います。
それは、男性が持てるために女性の心理を理解する必要があるのとまったく同じです。

乙女心を理解することは、よく言われることなので男性は特にみんな努力しています。
理解しようと努力してもなかなかうまくいかないこともあるのですが、とりあえず男性はみんなモテたいと考えているので頑張っているようです。

乙女心というのは言葉そのものも有名ですが、それに対して男心というものはどうでしょうか。
そんなものが本当にあるのかと首をかしげている女性がいるかもしれません。
でも、男心というものを聞いて首をかしげている女性ほど、男の心理を理解できていないものなので、もしかしたらせっかく出会い系サイトというものを利用していても、素敵な出会いをゲットできずにチャンスを逃しているかもしれませんよ。

乙女心は繊細だとよく言われますが、それと同じように男心だって繊細なのです。
むしろ、乙女心より男心のほうが繊細で傷つきやすいものかもしれません。
最近では、失恋したときに引きずるのは男の方だというデータも心理学者の間では言われています。
テレビの情報版軍費なんかでも、男のほうが傷つきやすいとかいうことが言われたりしますよ。
男の子は強くないといけないとか、人前では泣いてはいけないとか、そんなことを言われて育つ男性が今でも多いので、男性といえばみんなある程度は強いものだとか、そういうふうに考える人は、あまり男心がわかっていない可能性もあります。

男だって泣きたいことはありますし、今の時代なら、女性よりも男性のほうが繊細と考えられるのが普通なので、そこのところをわかっている女性はモテます。

男性からモテたい、評価されたいと思うのであれば、だいたいこの辺りを意識しましょう。
基本的に、ものの言い方がきつい女性は、男性から好かれませんね。
もちろんどんなことにだって例外はつきものなんですけど、出会い系サイトを利用する男性って、気が弱い人も多いですから。
男心が繊細だという話も、特によくあてはまるんですよね。

男心を理解する必要性について、私の実体験から少し説明したいと思います。
出会い系サイトを利用して素敵な出会いを実現したいと考えている女性には、特に参考にしていただきたいです。
私には、出会い系サイトを利用して知り合って、特にメールのやり取りなどをし、この人とは相性がいいなと思えた女性が二人いました。
どちらも美心で、スタイルもよかったのです。
だから私がこの先、どちらの女性を選んだかという話をしても、決して顔や胸の大きさなどで女性を判断したわけではないということをわかっておいてほしいのです。

自分には複数のセフレがいるのだ、ということをそれぞれの女性に話したことはありません。
出会い系サイトを利用して出会いを求めるうえで、それだけはやってはいけないことだということをよく知っていたからです。
ただ、どちらの女性とも同じくらいデートしました。
一緒にご飯を食べに行ったり、映画を見たり……もちろんセックスだってやりました。
それぐらい相性が良かったんです。

セフレという意識を持ったことはあまりありません。
どちらかといえば、せっかく出会い系サイトを利用して知り合うことができた女性とは、いずれ結婚を前提にした真剣なお付き合いをさせていただきたいなというふうに思っていたのです。
私がこういうことを言って、相手の女性に対して凄く嫌な思いをさせてしまうかもしれません。
正直なところ、どんな反応が返ってくるのか全く分からなかったので、少なくとも二人のうちどちらか一方と真剣なお付き合いをしようという決心がつくまでは、具体的にそういう話は絶対にしないというふうに自分の中でルールを決めていました。
最終的にどちらの女性と付き合うのかということについては、真剣にいろいろな条件を考慮して決めようと思ったのです。

このような言い方をすれば、まるで恋愛に関するすべてのことを私一人が自由に決められるというふうに勘違いしているのではないかと考える人がいるかもしれません。
けれども、実際はそうではないのです。
恋愛に関する事柄は、基本的に女性のほうが有利なのだということを、私は実体験からよく知っています。
今でこそ、出会い系サイトを利用して本当に素敵なセフレの二人に会うことができたというふうに満足していますし、出会い系サイトそのものにも感謝しています。

それでも、出会い系サイトが利用者に与えてくれるのは、あくまで素敵な出会いの「チャンス」だけです。
出会いのチャンスを得た後に、それを自分でどう生かしていくのかということについては、あくまで利用者自身の問題です。
だから、私が恋愛のことを何でも一人で自由に決められるわけではない以上、私が二人の瀬フテのうちどちらか一方だけを選んで、良子の人と付き合おうということを決意したとしても、それで相手の女性から選んでもらえなかったらあきらめるしかないということもよくわかっていました。

それでも私は結局、自分の意志で二人の女性のうちから一人だけを選んで、結果的にその判断は正しかったと今でも納得しています。
その女性との関係は今でも良好で、ゆくゆくは結婚を前提に考えられたらいいなと思っています。
相手の女性が私のことをどう思ってくれているのか、それは正直ちょっとわからない部分もあるのですが、私としてはもう彼女のことをそういうふうに軽い関係だとはみなしたくないです。

私が選ばなかった女性はどういう女性だったのか……結局のところ、二人の違いは結構大きかったように思います。
もちろん、二人のうちで選ばなかった女性が、どうしようもなくダメな女性だったというわけではありません。
私が彼女のことを選ばなかったというだけで、彼女もきっと、私の他に彼女のことを好きになってくれる素敵な男性と出会えるはずです。

彼女がどういう女性だったのか、あくまで私はこう思ったというだけの話なのですが、ちょっと仕事の上司などに対する悪口が多いなと私は感じたのです。
出会い系サイトを利用して誰かと知り合ったら、愚痴を聞かされる機会はたくさんあると聞いたことがあります。
どうして愚痴を聞かされる機会が多いのか……これはあくまで私の感覚なので間違っているかもしれませんが、やっぱり出会い系サイトを通じて知り合った異性との関係というのは、特に最初のうちはそれほど親密ではありません。
お互いに個人情報を握っていないので、裏を返せば、個人的なことをセフレに話したとしても、それが知り合いなどを経由して広がっていくという場合が少ないということは言えそうです。
つまり、セフレにだったらたいてい何を話しても広がる心配がないというので、安心して愚痴をこぼすことができるのです。

また、出会い系サイトを利用して知り合ったセフレが、自分に対して仕事の愚痴などをこぼす時は、自分のことをある程度は信用してくれた証なのだという話を聞いたことがあります。
私も、最初のうちは「他人の愚痴を聞くくらいどうってことは無い」と思って聞いていたのですが、だんだんと気がめいってきました。
他人の愚痴を聞くくらいわけはないと思っていたのですが、どうやらそれにも限度があったようです。
聞かされる愚痴の中には「それは本当に相手だけが悪い問題なのか?」と思ったものもありました。
相手よりも、これだけ相手のことをぼろくそに言う彼女のほうが悪いのではないか、というような重いですね。

それに、誰かのことをこれだけぼろくそにけなす彼女は、きっと私自身のことも、私の知らないところでぼろくそに言っているのではないかという疑いも浮かんできて、一度でもそういうふうに考え始めると、だんだんと彼女のことが信用できなくなりました。

男は本当に繊細な生き物です、男の繊細さを知っているか知らないかというのでは、男性から好かれるレベルが違います。
男性の繊細さを知っているかどうかというのは、どんな状況にも勝るほど、女子力が高いといえることなのではないでしょうか。
もちろん、男性の繊細差を知っているからといって、それをストレートに指摘するのは間違いですよ。
男心の繊細さを知ったうえで、それをうまく受け止めてあげるというのがポイントなのです。