私が一緒にいて楽しいなと思えるような男性とは、やっぱり援助交際でも何でもしてもいいかなって思いますね。援助交際というお付き合いはかなり特殊で、言ってみれば、お付き合いする代わりに男性から女性がお金を受け取るので、お金をもらった以上は相手のいうことを何でも聞かなけれなならないというか、さすがにいうことを何でも聞くというのは大げさでも、できる限りのサービスをして見せるのが援助交際をするうえでの常識だというイメージがあります。

しかしながら、いくらお金をもらえるという前提があったとしても、こういう男性とは援助交際したくないなっていうような男も世の中に入るわけです。身もふたもない言い方ですが、いくらお金をもらってもお付き合いしたくないと思ってしまうようなタイプですよね。

逆に、こういう男性だったら積極的に援助交際という関係でも持ちたいと思えるような男性もいます。本音を言えば、出会い系サイトを利用していい男と知り合ったら、その人とは援助交際という条件は関係なく、もっと対等なお付き合いをしたいと思うこともあります。

基本的に、女はケチな生き物なので、もらえるものなら何でももらっておくという考え方をします。つまり、援助交際という前提で誰か男性とお付き合いをしたとき、相手の男性がお金をくれるというのであれば、相手の男性が差し出してくれているお金をわざわざ突き返すようなことはしません。ただ、心の中では「この人が相手だったら、別にお金をもらわなくてもお付き合いしてもいい」と思えることだってあるわけです。

出会い系サイトを利用していて、そこまで素敵な男性と知り合えるケースはまれですが、援助交際という前提だったら、相手の男性はすでに結婚していたりするんですよね。本気で相手の男性を狙っている女の立場からすれば、相手の男性が実は既婚者だということがわかった時、結構がっかりするものなのですが、もともと援助交際という前提で二人が関係を持っているなら、何らかの理由があって普通のかたちの男女交際ができないのだなということについては想像力を働かせるべきだと思いますし、自分が望むようなお付き合いができないということがわかった時点で、まさか相手のことを責めるというのは論外です。

男女の関係というのは本当に複雑なので、まれにそんな感じのトラブルになることがあるようなのですが。