Loading...

本人たちが楽しめるなら

出会い系サイトを利用してコミュニケーションをとるやり方はいろいろあると思うのですが、電話でもメールのやり取りでも、本人たちが楽しめるならそれでいいと思うのです。
出会い系サイトを利用する際、メールのやり取りが便利だと感じる人もいれば、いちいち文字を打つのが煩わしいから、人と話をするんだったら電話とかのほうがいいと感じる人もいるでしょう。

また、出会い系サイトを利用し始めたばかりの頃はメールのやり取りが煩わしいと感じたけれども、サイトをずっと利用し続けていることでだんだんとその煩わしさになれたという人もいれば、最初はメールのやり取りが楽しいと感じたけれども、いろいろあってテレクラの専門サイトとかに興味を持ったとか、そういう人もいるのです。

私はもともと、テレクラの専門サイトをメインで使っていました。
恐らく私がこういったら、意外に思う人もいるのではないでしょうか。
だって、おそらく出会い系サイトを利用している多くの人が、テレクラの専門サイトは出会いを求めるのには向かないサイトだということを知っているはずだからです。
私ももちろん知っています。
そういうことをわかったうえで、自分から進んで出会い系サイトを利用するのではなくテレクラサイトのほうを選んだのです。

テレクラの専門サイトは使ってみれば意外に楽しいと思えるサイトです。
なにしろ、確実に話相手を見つけることができるわけですから、これが一般的によく知られた出会い系サイトとは違うところです。
出会い系サイトを利用していて、例えば素敵な恋人との出会いを夢見ているのに、そもそも素敵な出会いを実現することができないといって悩んでいる人はいませんか。
出会い系サイトを利用するのは、もちろんそのサイトが便利だからなんですけど、たくさんの利用者がいて、すべての人が同じように素敵な出会いを実現することがで切るというわけではないのです。

特に女性利用者の中には、あまりサイトをまじめに利用しているとはいいがたい、キャッシュバッカーと呼ばれる行為を繰り返している女性や、自分は真剣に恋人探しがしたいのに、セフレ募集をずっと続けている人妻とばかり知りあったり。
特に、これは私自身の実体験なのでかなり複雑な気分なのですが、出会い系サイトを利用している人妻は、自分の身分を隠しているというケースが結構あります。

例えば、自分が大学生くらいの若い男性との出会いを求めている場合、自分も同じように女子大生の振りをするのです。
それがいけないことかといわれると、明確な犯罪ではないので個人の自由としか言えないのですが、騙された方はきっと気分を悪くするでしょう。

確かに大学生くらいの男性であれば特に、自分と同じくらいの若い女性と出会って恋を楽しみたいと考えている人が結構多いので(私自身もこのように考えたことがあります)それだったら、出会い系サイトを利用して若い男性とセフレの関係を持つために、自分も若い振りをしないといけないというふうに女性が考える気持ちもよく分かります。

私は、出会い系サイトを利用してセフレを募集することを目標にしていた時期もあるので、もしもそれで素敵な出会いを実現できるんだったらそれも幸せなことかなあと思うんですが、出会い系サイトを利用し始めたばかりで、まだ出会いの厳しさなどをよく分かってない人は特に、少々の高望みをしてでも、自分が納得できるような恋人探しをしたいと考えるかもしれません。
出会い系サイトを利用すること自体は誰にでもできるのですが、真剣に恋人探しを考えるとなるとこれが結構難しいのです。
そういうことが、出会い系サイトのベテランになるとだんだんわかってくるのですが……とはいえ私自身も、出会い系サイトを利用し始めたばかりのころは、出会い系サイトというものにけっこう夢を見ていたので、初心者の人を馬鹿にするつもりはありません。
中には、ちょっと出会い系サイトで高望みをしたってそれで本当に素敵な出会いを実現することができる人もいますからね。

私は出会い系サイトを利用していて、どれだけ頑張っても出会いがうまくいかなくなるというのがすごく気になったんですよ。
もちろんうまくいくこともあるのですが(私にとってうまくいくというのはつまり、セフレをゲットできるということです)仮に出会い系サイトを利用して一人のセフレをゲットできたとしても、その女性との関係がずっと続けられるかという保証はないのです。
私の場合、過去にお付き合いしたセフレばみんな人妻だったので、その人が引っ越しをしたり、仕事の都合とか、あるいは旦那さんに浮気のことが発覚しそうという理由で、せっかく出会い系サイトを通じて知り合っても、人妻との関係が続けられなくなるということばかりでした。

だいたい、ずっと良好な関係を続けられる女性が一人いるんだったら、その人との関係はセフレではなく恋人同士といったほうがいいかなというふうに思います。
欲求不満を感じた時にそれをすぐに見つけられる方法は何かないだろうかと考えて、結局私が目指したのは、テレクラの専門サイトを利用することです。

もちろん、こういったサイトの情報は登録をする前にあらかじめ調べて、こういうサイトがいわゆる出会い系サイトとは少し違って、真面目に恋人探しをするような用途には向かないということ、そして一般的な出会い系サイトに比べれば悪徳なサイトの比率が高いことは、分かっていました。
それでも、今までとは少し違う出会い方も試してみたいと思ってテレクラサイトを利用してみたのです。

もしテレクラサイトを利用してみて、あまり面白くないと思ったらすぐにでももともと利用していた出会い系サイトに戻るつもりでした。
ところが使ってみると、テレクラの専門サイトというのはなかなか楽しかったんです。
確かに恋人探しとかセフレ探しとか、リアルな出会いを前提としたコミュニケーションはできないかもしれません。
そういうのが嫌になったらすぐにでもテレクラサイトをやめるつもりです。
でも、話し相手はいつでも探すことができるので、基本的に便利なサイトだなとは思います。
例えばデートで食事をしたり映画を見たり、そういうことをする男女関係も楽しいのかもしれませんが、そういう関係だけがすべてではないですからね。
特に異性のパートナーと一緒にいたら、どうしても相手に気を遣うことが多いじゃないですか。

もちろん相手に気を遣うということは絶対に必要だし、上手に気づかいができる男性ほど女性にはモテるのです。
でも、私がチャットレディーと話していて得に楽しいと感じたのは、どうせ恋人同士としての関係を意識しているわけではないから、普通に出会い系サイトを通じて知り合った女の子には言えないようなことでも、テレクラの専門サイトにいるチャットレディーには話せてしまうということです。

チャットレディーと呼ばれる人たちは、いわば風俗店に勤務する女性スタッフと同じなのですよ。
ちょっと失礼な言い方かもしれないというのは分かっていますが、分かりやすくするためにわざとこういう言い方をしました。
風俗店に勤務するスタッフと同じということはつまり、男性とコミュニケーションをとることになれているんですよ。
いわば接客のプロなんです。

テレクラの専門サイトには、素人の女の子がほとんどいないといわれています。
ひょっとしたら素人の女の子が本気で出会いを求めて利用しているようなテレクラの専門サイトも探せばあるのかもしれませんが、私が長い間出会い系サイト関連の情報を集め続けてきた経験では、結局のところそんな都合のいいサイトは無いというのが事実です。
だから、出会い系サイトとテレクラの専門サイトはまったく役割が違うものだというふうに言われるのです。

テレクラの専門サイトも、女性会員の募集を全くやっていないというわけではありません。
しかし女性会員の募集は結局チャットレディーの募集か、あるいは、仮に本物の女性会員を募集していて、テレクラの専門サイトに入会した女性がいたとしても、自分以外にほとんどリアルの会員がいないということに気づいた時点で、その女性はきっと不安に思ってテレクラの専門サイトを退会するでしょう。

テレクラの専門サイトを利用していてコミュニケーションをとることになるのは、全員が接客のマニュアルを仕込まれたプロかアルバイト、だからどんな話をしても大丈夫ということになれば、例えば仕事の愚痴をこぼしてストレス解消をするということも可能なのです。
相手の女の子はプロだから、どうせまじめにお付き合いをするわけではないから、ちゃんとお金を払っているのだから、という前提があると、すごくコミュニケーションが気楽になるのです。
出会い系サイトを利用していたころは、たとえセフレとのお付き合いであっても、相手に合わせたり気を遣ったりする場面ばかりで、けっこう疲れることもあったのですが、もし相手に対する不満を口にすれば、それが原因で喧嘩になってしまうことが怖くて、言いたいことが言えずにいたんです。

でも、テレクラの専門サイトを通じて知り合ったチャットレディーと呼ばれる人たちには、基本的に「気を遣ってしまって言えない」ようなことがないので、私にとってはすごく気楽です。
こういうコミュニケーションの取り方もすごくいいなと思います。

口コミで人気のテレクラがコチラ

援助交際で求められるのは、セックスのテクニックだけではない

援助交際とは、出会い系サイトを利用して知り合った男性からお金を受け取り、その代償としてセックスなどの性的なサービスを行うものだというイメージを持っている人が多いと思います。
確かにその通りなのですが、援助交際とは必ずしも、体の関係だけで相手を満足させるような男女関係ではありません。
もちろん、知り合ったパートナーによってもどのような行為が求められるかというのは様々です。
単純にセックスの相性やテクニックだけを求められるお付き合いというのも確かにあります。
何しろセフレというくらいですから、自分の持つセックスのテクニックや二人の体の関係というものが、ご工夫の男女関係と比較した際によりいっそう重要になってくるというのは何となくわかってもらえるでしょう。

私は正直なところ、自分のセックスのテクニックにあまり自信がありませんでした。
必ずしも自分のことだけで判断できない部分はありますが、実際に過去に一人、欲求不満を解消するためのに出会い系サイトを利用していた人妻を相手にセックスしたことがあります。
その時に人妻から、あまりセックスがうまくないという指摘を受けてしまいました。
もちろんその人妻は、わたしを非難する目的でそんなことを言ったのではないということくらいわかっていますし、言い方もそんな深刻なものではなかったのですが、正直なところ、ショックでした。

その人妻は何となく私と付き合ってくれていますが、彼女のように普通に付き合ってくれる女性ばかりとは限りません。
セックスが下手であるということが事実なら、本当にそのことが原因で素敵な出会いのチャンスを逃してしまうということもあり得ます。
でも、現在だって私とお付き合いしてくれている女性はいるわけですよね。
セフレとしてのお付き合いするんだったら当然のことながらセックスのテクニックというものは求められると思います。
でも、本当にそれだけがセフレに求められる要素なのだとしたら、私は今頃、だれとの関係もモテずに一人きりになっていると思うのです。

セックスのテクニックが十分ではない私が出会い系サイトを利用して、セフレを募集してそれが今のところはうまくいっている、そしてその人とはセックスもすでに経験しているけれども、行為の前や後に何か誤りを指摘されたという経験はなく、実際に一度だけセックスをしてそれで二人の関係が終わるという、そんなむなしい経験もしたことがありません。
相手のほうから別れを切り出されるならともかく、出会い系サイトを利用して知り合ってからずっと二人の関係がうまくいっていますので、やっぱり私はセックスのうまさを男として認められてセフレとのお付き合いができているというのではなくて、それ以外に男として求められている長所があるということなのだと思います。

いろいろ考えてみました、セックスがとりわけうまいわけでもない私がセフレとして求められている理由が必ずあるものだと、そしてその理由がもしもはっきりわかったら、私が持っているらしきその長所を伸ばしていけるようにすれば、私が今後誰とお付き合いをすることになったとしてもうまくいくチャンスは増えるのではないかというふうに考えています。

例えば、便宜的にどうしても「セフレ」という言葉が使われるだけであって、出会い系サイトを利用して知り合った男女が常にセックスのことを考えているわけではありません。
例えば、話し相手がほしいとか、だれにも相談できない悩みをぶちまけるために付き合う相手がほしいとか、簡単に言えば、出会い系サイトを利用している人の中にはセックスのテクニックが優れているセフレとの出会いではなく、もっとセックスとは別の方法で自分の気持ちをわかってくれる男性との出会いを求めることがあるのです。

セックスをするかしないかということだけが、男女の関係において必ずしも大事ではないのだなということがわかりました。

高確率で援助交際成立なら【エンジョイ援助交際.com