Loading...

人妻が行う逆援助交際とは?

逆援助交際という言葉があります。これは、その名の通り女性が男性にお金を払ってセックスを求めるというもので、中高年の女性に多いことです。確かに、若い女性であれば逆にお金をもらう側で求められる側ですが、結婚をしたり仕事で忙しいといった中高年の女性になると、逆にお金を払ってまで体の関係を求めるという人が出てきます。

もちろん、中高年の女性でも魅力的で男性がお金を払っても関係を持ちたいという人もいます。ですが、そういう人でも男性にお金を払うというのは、それだけ出会いがなくお金はあるのでお金を求める人に提供した方がそういう関係を持つのが早いといえるからです。

また、女性から男性に声をかけるのは、男性としては嬉しい限りですが女性からしたら命を捨てる覚悟、断られたら死んじゃうほど辛いことでもあるでしょう。それは、男性でも同じことですが、女性から男性に声をかけるというのは、特定の仕事など以外では、ありえない、人妻であればなおさら声をかけてはいけないという世間体の目がありますよね。

ですが、今になって逆援助交際といった言葉が出てきたのは、ネットなどでそうしたことを求めている、実際にしている女性の姿がわかってきたからです。よほど仲がいい友達じゃないと、自分がそういうことをしているだなんて話すことはできませんよね。そういう話ができる相手というのは、普段は周りにあまりいないと思います。

ですが、ネットでそういうことを個人でも話せるようになったので、女性の気持ちがわかるようになってきました。合コンでも、7割以上の女性が勝負下着をつけてくるという事実。確かに、女性も性欲がありますが、男性の方がかなり強いイメージがありますが、そういうわけでもないようです。

草食系男子という言葉は流行りましたが、草食系女子といった言葉は流行りません。それだけ、ガツガツした男性が少なくなってきているという表現でもあります。なので、女性が男性を求めているように見えて、それは男性の積極性が弱まったからよりそうした女性が強くイメージされやすくなっているのかもしれませんね。

ですが、男性からすればお金をもらって体の関係が持てるなんて、普段から風俗やソープといったところにお金をかけている人からすれば、願ってもない話かもしれません。そうしたお店はやはり高く、借金をしてまで通いつめる人もいるぐらいです。逆援助交際をすれば、お金が減っていくどころかたまっていきます。

体を張ったホストみたいなものですが、ホストのように話し方や服装、在り方をそこまで完璧に仕上げなくても女性の性欲を満たしてあげることができれば、お金をもらうことができるのはお得ではないでしょうか。もちろん、不潔で汚い格好をしてもいいというわけではありませんが、最低限の格好をして相手を楽しませることができれば、お金を頂いて体の関係も楽しむことができる、一石二鳥を楽しむことができるでしょう。

関連サイト情報 まとめ【せふれ掲示板

なぜ今まで利用しなかったのか

出会いアプリというものの存在は、もちろん知っていました。今の時代は、出会いアプリというものの知名度がどんどん上がって、それをひたすら使いまくっているかどうかということは別にして、とりあえず一度くらいは登録して利用してみたことがあるという人は意外にも多いのではないでしょうか。

出会いアプリを利用している人のうち、年齢別でみれば、実は二十代の男女が一番多いのだそうです。
二十代の中でも、特に多いのは大学生で、私にとってはさらに意外に思えることだったのですが、サイトによっては、男性よりも女性の会員のほうが多いという場合があるそうです。

なんとなくイメージとして、特に若い女性は、出会いアプリのことを「怖い」とか「気持ち悪い」というふうに避けるというふうに考えていたのですが、出会いアプリに対してそういうふうなマイナスのイメージを持つ人は、今では少しずつ減ってきているのかもしれませんね。

みんなが同じように出会いアプリを利用して、実際に素敵な出会いを実現している人がたくさんいるから、じゃあ私だって出会いアプリを利用しても大丈夫だろう、というふうな考えがあるのかもしれません。
自分一人だけがサイトを使ってみるのは怖いけど、他にも利用している人がたくさんいるんだったら安心だという考え方は、たぶん誰だって持っている考え方ですよね。

それに、今では優良な出会いアプリに関する情報を探すことも難しくはありません。
優良な出会いアプリというキーワードをネットで検索するだけで、たいていは本当に優良なサイトが出てくるものですし、特に女性の場合、自分たちが普段からチェックしているファッション雑誌などに広告を出している出会いアプリをチェックすれば、ちゃんとした優良な出会いアプリを見つけて登録できるようになっているんです。

女性向けのファッション雑誌やレディースコミックなどに広告を出している優良な出会いアプリは確かに多いのですが、それがどうしてなのかといえば、優良な出会いアプリを運営したいと考えている会社の人は、どうすれば出会いアプリが「優良」なものだといわれるのかということを常に考えているのです。

中高年向けの出会いアプリ・出会い掲示板【中高年出会いのきっかけ.com】といった優良アプリを利用して素敵な出会いを実現させたいと考えているほとんどすべての人にとっては、まず出会いアプリには自分とは違う性別の「異性」がたくさん登録してくれなければ出会いのチャンスがつかめないというふうに考えるのは当然のことです。

出会いアプリ内で会員の男女比をできるだけ五分五分にする(女性のほうが少し多いくらいでもいい)ためには、やっぱり女性の会員に、出会いアプリに対する興味を持ってもらわなければなりません。
男性の場合、最初から出会いアプリというものに抵抗を持っている人は少ない(セフレという出会い方について抵抗を持っている人が、女性よりも少ないからでしょうか)のですが、女性の場合は少し違って、出会いアプリというものにたとえ興味を持っていても、それが安全なサイトであるというふうに保障されなければ、あるいは誰かがすでに出会いアプリを利用するなどして、このサイトは安全で楽しいサイトだといってくれなければ、出会いアプリを利用する気分にはなれないものなのです。

出会いアプリを利用してみたいけれど、本当に安全なサイトなのかがわからないから少し心配だと考えている人たちに対し、安心して出会いアプリを利用してもらうためのきっかけは、やっぱり、すでに出会いアプリを利用して素敵な出会いを実現させることができたという人たちの体験談(できれば女性の目線で考えて、女性の体験談を掲載できることがベスト)や、それを掲載している出会いアプリの広告なんです。
優良な出会いアプリの広告が、女性向けのファッション雑誌などに掲載されていることが多いという理由は、なんとなくわかってもらえたのではないでしょうか。

だから、出会いアプリを利用して素敵な出会いを実現させたいと思う男性にとっても、女性向けのファッション雑誌やコミック誌というものは非常に参考になるんですよ。

私自身、いまになって少しだけ後悔していることは、若いころに出会いアプリをぜんぜん利用してこなかったことです。
なんとなく、出会いアプリに関する悪いうわさばっかりが気になって、こういうサイトを利用してやろうという気分にはならなかったんですよね。
実際のところ、出会いアプリにはいろいろな問題点があることは事実で、どれだけたくさんの人がそのことをわかっていたとしても、出会いアプリを利用している限りはトラブルに巻き込まれるリスクを完全には避けられないということは間違いなく言えそうです。

でも、出会いアプリを利用する場合だけではなくて、男女の出会いというものを実現させようと思えば、どうしてもトラブルは避けられないものなんです。
なにしろ、赤の他人同士で考え方が完全に一致することなんてありえないですから、絶対どこかですれ違うことが出てきて、それが対人関係のトラブルにつながるんです。
そのトラブルを恐れている限り、絶対に素敵な出会いを実現させることはできません。

失敗することを怖がり過ぎないで、思い切って出会いアプリを利用しておけばよかったなと思うんです。
別に、出会いアプリを利用して誰かと知り合ったからといって、その人と絶対に付き合って結婚しなければならないという決まりがあるわけではありません。

むしろ、出会いアプリを利用していても、それ以外の方法で出会いを求めても、人間関係というものはうまくいかないのが普通なんです。
うまくいかないからといって自分を責めたり落ち込んだりする必要はないですし、むしろ人間関係でうまくいかないこととか、けっこう深刻なトラブルを経験するんだったら、年を取ってからよりも若いころのほうがいいのです。

私は、若い時に出会いに関して失敗を恐れすぎたからこそ、結局は出会いアプリを利用する勇気がなかったんです。
今ではそのことをすごく公開しています。
失敗するとしても、年を取ってから失敗するより若い時に失敗を経験しておいた方が良かったんです。
確かに出会いアプリというものはすごく便利なサイトですが、それを利用しているからといって、いきなり男女の出会いがうまくいくわけではありません。
でも、失敗することのほうが重要な経験になるので、リスクを恐れすぎずに、出会いアプリを利用するなりなんなり、いろいろな経験を積んでおけばよかったなと思っています。

いまでこそ、出会いアプリというものがどれだけ便利なサイトなのかということを身をもってわかっているつもりです。
うまくいかないことはもちろん多いですが、それは出会いアプリが不便だからうまくいかないのではなく、人間関係を築き上げるためにはトラブルがつきものなのだということを、いまになってようやく理解しました。
出会いアプリなんて便利なサイトを、どうしてもっと早く利用してみなかったのかと後悔しています。